双極性障害者(躁鬱病)三水マリンの心の叫び

双極性障害(躁鬱病)抱えて8年目三水マリンの思ってたこと、思ったことを書きます。ただ、それだけ。

夢の中で真剣に悩んだこと

 

こんばんは。三水マリンです

 

双極性障害持ちですが、最近は色々やれていたのが、久しぶりに鬱転が体に来て、今日は予約してお金も払って楽しみにしてたものも行けず、寝てました。

 

眠剤を飲むのすらめんどくさい中、起きてるのも辛いので寝てたんですがとっても眠りが浅くて、物音ですぐ起きるし、夢が長かったです。

 

夢の中で葛藤がありすぎたので、いつもはツイッター夢日記書くのですが、ここに書かせてください。

 

以下夢の中の話です。

 

何故か父親のいない実家に犬がくる。

母親がずっと飼いたがっていた犬…。

白くてモフモフ。

吠えられていたけど、初日だし仕方ない!

という感じ。夢が叶ってよかったね!って思った。名前はドンケンらしい。

何故か家で犬を飼うことはリアリティーがあって、やっとか…って気分でした。

 

そして、妹と大喧嘩。私うつでイライラしてて、口も悪い。そんな中旦那が仕事から帰ってくる。

 

旦那の食事を用意できてない。

 

旦那はうんざりという顔で近くの祭り?フェスみたいのに行くと言い出した。

…ひとりで。

 

私は焦って一緒に無理矢理行くことにした。

 

あっさり一緒に行くことになった。出ていく玄関は何故かうちの実家の玄関だった。

 

私は自分が病んでる時に、揉めた時に旦那がすぐじゃあ俺今から会社に行って寝るよ!みたいに言われるのが、かなりトラウマなのね。その時の気分だった。

 

気づいたらイベント会場。ビールフェスみたいな感じ。何故か居酒屋の席みたいなとこに座ってて、隣に旦那がいるんだけど、周りの一緒に席座ってる人は私は全く知らない人で。

 

旦那は何繋がりなのか分からないけど、その人達とはお馴染みみたいで、すごく楽しそうに話してる。

 

私は、何を旦那と揉めたのか覚えてないんだけど、とにかくどん底な気持ちで、真剣に悩んでいたのは、

 

旦那と離婚するか。

 

夢の中で、マジで離婚することを考えていた。

 

何かこの人は違うかもしれない…と考えていたのね。この先もこんなに悲しい気持ちにされるのが多いなら、私は選ぶ相手を間違えたと思うし、お互いのためにならないと思った。

 

私を幸せにしてくれないなら、死んでやる!みたいなメンヘラ爆発な病みというよりは、本当に自分の人生についてとっても冷静に考えていた。

 

彼氏と別れる時の、あのあぁもう無理だ別れよう…って気持ちがパンっと切り替わる時のパンっと切り替わっていた。

 

申し訳ないけど、離婚しよう、今までありがとうって言葉が今にも喉から出そうだった。

 

でも、今までありがとうって言葉の裏に、ありがとうの量が多すぎることに気づく。

 

最初は健康だったし、太ってもなかった。そこから付き合ったのに、病気になって、それでも別れないでいてくれて、結婚までしてくれた。私は今まで向こうに迷惑をかけたことは死ぬほどあったのに、向こうから別れたいとか言われたことは1度もなかった。

 

こんなに神な人は居ないと思った。私がもし生きてていい存在だとして、病気という不幸に、その病気になるまでの生い立ちがとても不幸だったけど、唯一、神様が私に救いの手を差し伸べて、プレゼントしてくれたのは旦那だと思った。

 

そんな神様からのプレゼントを私は自分から手放して不幸を選ぶんだ…。

 

そんなことを思ったら、なんて自分は愚かで、そんな悲しい人生を歩むことを選んでしまうのか?悲しくなった。

 

でも、それが私っていう生き物なのかも?とも思っていた。長く不幸な人生が続いてたから、私は元に戻るだけ。生まれながらに不幸せに生きる星の元に生まれてきたんだって。

 

そしたら、なかなか言い出すことが出来なかった。もし、私が離婚したいと言って、旦那が離婚したくない!俺はマリンを愛してる!離婚しないでくれ!とすがってくれたら、私は満足?安心?して、離婚なんて考えないで済んだのかもしれない。

 

だけど、向こうの言動とか、自分が犯してきたこと、自分がどれだけ価値の無い人間なのかと分かっていたから、止められることは100%無いと思った。

 

だから、私は自分が離婚したいと言った瞬間に離婚が決まると思っていた。だから言えなかった。喉まで来ていたけど…。

 

そして、もうひとつ、すごく大きなことで、もうどうしようもないことなんだけど、離婚したらもちろん離婚歴がつく。バツイチになるということ。…これがデカすぎた。離婚歴だけは自分の人生の中で付けたくないという絶対譲れない心情があった。だから言えなかった…。

 

この夢の中で、私は最低な言葉を残してる。この日はバレンタインだったみたいで、

 

ねぇ?どうするの?行かないなら私zにチョコ渡しに行きたいんだけど。

 

苦笑

 

夢の中とはいえ、我ながらなんて最低な発言なんだ!と思う。

 

まぁ、離婚したら、次の恋愛を大事にしなきゃいけないし、zにチョコを渡しに行きたいのは分かるんだけど、多分その夢の中ではそういう理由じゃなくて、今の現実よりもzと仲が良くて、渡しに行かなくちゃいけない!それが当たり前!な思考だった。

 

…んーここからはよく覚えてないんだけど、自分は旦那に対してときめいたことがあった?とか、恋をした?とか色々考えてた。

 

そりゃあっただろ!とツッコまれそうだけど、長く居すぎて覚えてないんだ…。それは悲しいかな、事実なんだ。愛はあるかもしれないけど、恋心はないのだ。

 

まぁ、とにかく夢の中で何が原因なのかは忘れたけど、離婚について真剣に考えていたのです。

 

とにかく辛かった…。

 

気がついたら、目が覚めてベットの上ですぐ夢だったと気づいた。

 

旦那がごはんを食べ終わった音で目覚めた。

 

とにかく夢でよかった…日常が続いてたことが嬉しすぎて、この夢を見ていたことも、こんなにも悩んでいたことも言えずに精一杯普通に振舞っていた。

 

だけど、すぐ旦那がベットについて爆睡し始めた時に少し悲しい気持ちになった。

 

でも、そんな悲しさは夢の中の自分に比べたら、些細で、疲れてる旦那の眠りを妨げてもいけないから、眠剤をフルで飲んで私もさっさと眠りについた。

 

 

…とまぁ、そんな訳で離婚について真剣に考えた夢だったのですが、夢とはいえ、私が考えたことは紛れもなく私の思考なので悲しすぎましたね。

 

 

 

 

ah ah 長いレールの上を歩む旅路だ

風に揺られバランス取りながら

ah ah 答えなんてどこにも見当たらないけれど

これでいいさ 流れるまま進もう

 

手にしたものを失う怖さに

縛られるくらいなら勲章などいらない

 

 

 

…大好きなミスチルのesの歌詞です。

 

まさに手にしたものを失う怖さに縛られています。はい。

 

あぁ、ひとりカラオケ行って

こようかな。

 

ミスチル神過ぎるだろ…。

 

誰も信じられなくて、居場所もない時、ミスチルの歌だけが居場所だったのを思い出す…。

 

私の人生とはさて、なんなのか。

 

答えは出ないまま、流れるまま進んでるよ。

 

 

Twitter

@sanzuimarin

 

 

三水マリン